日帰りバスツアーで初心者がスノボをする長所と短所

category01

日帰りバスツアーで初心者がスノボをすると、基礎から学ぶことになる、午後になれば大体慣れている、などの長所があります。



おそらくですが、初心者達の集まりと想定されるので、ベテランに一から教えてもらいます。

スノボの持ち方から向きの方向転換のやり方など、これらの基礎ができるようになったら、初心者コースに移動して実際に滑り始めます。
最初に教わるのは転び方なので、笑ってしまうかもしれないです。


ただ、覚えておかないと急加速時に危険なため、笑うと怒られるので注意です。

あと、午後になる頃には、初心者コースは大体滑れるようになっています。なので、次は初級者コースへ向かって見るといいです。
初級者コースに行くと急傾斜地が登場しますが、ベテランに習った通りのことをすれば問題ないです。

minp!に関してお困りですか。

短所はバスで移動している最中は酔いやすい、日帰りなので時間に余裕がないなどです。

初めてでもわかりやすい、日帰りスキーについて気になる方はこちらです。

ゲレンデへと通じる道は急カーブが連続する山道なため、乗り物酔いをしてもおかしくありません。

対策として、朝ご飯を食べずにバスに乗ると効果的です。お腹が満腹状態だと、未消化状態の食べ物が胃の中にまだあるので、大きく揺られると酔う原因になります。


なので、空腹状態ならそれらの心配は皆無となります。

ただ、空腹だと力がでないので、バッグにお弁当を入れてゲレンデに到着した時に食べるといいです。

帰りのバスに関してはお腹に何もないのと、疲労のため酔わなくて済むので大丈夫です。

また、日帰りなので時間的に余裕はあまりないですが、初心者なのでそれほど急ぐ必要はないです。

自分のペースでスノボを楽しむことができれば、それで十分だと思われます。

注目情報

category02

寒くなってきて、スノボの季節になってきました。スノボは泊まりで行こうと思うと、交通費に2日分のリフト代、宿泊費がかかってしまい、意外と高くなってしまうのでなかなか気軽に行けないと思います。...

subpage

身になる知識

category02

忙しいサラリーマンでも土日の何れかを利用すれば日帰りでスノボをたっぷり楽しむ事が出来ます。交通手段としては電車、バス、マイカーの何れかになるかと思われますが、時間が正確になるのは電車ですが、駅からゲレンデまでバスに乗りかえるとなると時間が余計にかかってしまうケースもありますし、乗り換えがあると面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。...

subpage

身に付けよう

category03

近年、仕事などが忙しいこともあり、旅行などもなかなか行きにくい状態の方もいます。ですが、普段の生活、仕事などから離れて気分転換などをすることは、ストレスの解消にもつながり、また、これからの生活に対しての活力につながることもあります。...

subpage

対策方法

category04

スノボを楽しむ際、旅行のプランの1つとして楽しむのではなく、滑ることのみに集中したいのであれば、日帰りで滑ることがオススメです。かかる費用が入場費と移動費、食費だけで済むので、コストを抑えることができます。...

subpage